· 

債務の相続についての最高裁判決

伯父(A)が債務を抱えたまま平成24年6月に死亡。

Aの妻や子等は相続を放棄した。

 

妻や子等の相続放棄により、Aのきょうだいやきょうだいの子等が相続人となった(再転相続)。

Aの弟にあたる父(B)は、Aの相続人になったことを知らず、Aの相続について

承認するか放棄をするか示さずに、Aの死から約4か月後に死亡。

 

Bの子であるCは、Bの死亡から約3年後に、Aの債務がBに引き継がれていたことを

初めて知った。

 

再転相続に関し、民法では相続の承認又は放棄をすべき3箇月の期間(熟慮期間)は、

「相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時」から起算する旨を規定しており、

債権回収会社は起算点を「Bの死亡時」とし、Cは「通知があった時」とし、

熟慮期間の起算点はいつからか、が今回争われた。

 

今回、最高裁では

再転相続人がBがAの相続人であったことを知らなければ、Aからの相続について

承認又は放棄の選択することはできない。

また、CがBからAの相続人としての地位を承継したことを知らないまま

熟慮期間が起算されることは、相続について承認又は放棄のいずれかを選択する機会を

保障する民法の趣旨に反すると指摘し、

「起算点は、相続の承認又は放棄をしないで死亡した者の相続人が、

自分が承継した事実を知った時」とすべきの判決が出た。

 

2020年度の下記セミナー・相談会に

つきましては、詳細がわかり次第、

お知らせいたします。

 

2020年秋開催

 

練馬区役所

アトリウム地下多目的会議室

 

空き家セミナー・相談会

 

区内に空家を所有する方だけでなく、

どなたでも参加可能な説明会と

相談会が開催されます。

 

お時間のある方は是非どうぞ!

クービック予約システムから予約する

〒177-0042

 

東京都練馬区下石神井4-7-16

クアルト上井草109

 

しばざき行政書士事務所

行政書士 柴﨑(崎)理佳

 

[練馬区

 下石神井商店街振興組合加盟] 

      

〈電話〉 03-6913-3979

     9時から19時まで

 

〈ファクス〉020-4665-9169

      24時間受付

 

〈メール〉info@shibazaki.org

     24時間受付

 

日中であっても、お客様ご訪問や講演会、打ち合わせ等で、事務所を不在

していることがございます。

 

事務所不在の場合には、携帯電話への

転送設定をしております。

 

お電話でお問い合わせいただいた際に

留守番電話になった場合、

お問い合わせの内容とお名前などの

メッセージをお残しいただければ、

後ほど当職より折り返しいたします。

 

弊所を初めてご利用される方の、お電話による詳細なご相談は、言い間違いや聞き間違いを避けるため、申し訳ございませんが承っておりません。

(お問い合わせ・ご予約に関しましては随時承りますので、大歓迎です)

 

※フェイスブックをゆる~くやっています。

   

 仕事関係の事のみならず、プライベー 

 トで興味の有る事、その他気になった事等。

 (記事は、私自身の備忘録の意味もあって

 投稿しているものもあります。)
 

 もしよろしければ、覗いてみて下さい。

 

https://www.facebook.com/officesiba

※お車でお越しの場合、弊所近くにコインパーキングが、

上井草駅近くには、駐輪場(有料)もございます。

 

弊所の目印は、

新青梅街道「下石神井四丁目」と

記載された歩道橋・信号です。

 

新青梅街道下り車線ですと

右手に「しゃぶ葉 下石神井店」さん(旧サイゼリアさん)、

左手に「歩道橋前歯科クリニック」さんございます。

 

信号の左手にある

「歩道橋前歯科クリニック」さんを見ながら左折していただき、

一方通行の道を直進、

左から3軒目の

白い建物の1階にございます。

 

建物の前に自動販売機があり、

銀色のポストが並んでいる、

白い建物となります。

建物の入口上部に「クアルト上井草」の記載があります。

 

もし道に迷われた場合には、

お電話でご連絡ください。

下記は弊所QRコードです。